お知らせ

お茶摘み体験 ~五感で楽しむ初夏~

園庭にあるお茶畑で茶摘みを行いました。

 

芽吹いたばかりのお茶の葉を1本ずつ丁寧に摘んでいきました。

 

鍋にかけた茶葉を温かいうちに手でもむ「茶もみ」を体験しました。

 

新緑に囲まれ、年に一度しかない新緑を摘む貴重な機会となりました。

 

 

※当園の「食育」の取り組みはこちら>>

 

5月の食育「朝ごはんを食べよう!」&行事食「あくまき」

 

5月5日はこどもの日、たくさん食べて大きくなぁれ!

 

入園・進級して1か月が経ちました。

4月当初は、涙を流すお子さんもおりましたが、新しい環境に自然と適応していく姿にたくましさを感じます。

保護者の皆様は、最初の不安な気持ちが少しはほぐれましたでしょうか。

 

さて、5月5日は「端午の節句」「こどもの日」2つの行事があります。

この2つ、日にちは同じですが別の行事であることをご存じでしたか?

「端午の節句」は、中国から伝わった風習が江戸時代以降、日本で男の子の 成長を祝う日となったとされています。
5月が近づくと鯉のぼりや兜などを 飾ります。

「こどもの日」は1948年に制定された日本の祝日です。
祝日法第2条によりますと「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」という趣旨のもと、こどもの日は制定されたそうです。

どちらの行事も、我が子を大事に思う親心から生まれた日本の文化ですね。

 

今月の食育「朝ごはんを食べよう!」

朝ごはんは、元気な1日を過ごすために必要な5つのパワーを持っています!

しっかりと朝ごはんを食べるためには、「早寝早起き朝ごはん」が大切です。

 

 

 

今月の行事食「あくまき」

端午の節句の行事食として西日本では ちまき を食べる習慣があります。

宮崎ではお隣の鹿児島に近いことから「あくまき」という名の ちまきを食べます。
中国から伝わった ちまき は、古くから邪気払いの力があるとされていたようです。

当園では、7日(火)の15時のおやつに提供します。

 

 

 

こだわりの食材

~だし編~

 

だしは、料理に欠かせない日本の大切な食文化です。
毎日、じっくりと火を入れておいしいだしを取り、汁物や煮物で使用しています。
みそ汁やすまし汁は、基本りこと昆布から取った合わせだしを使用しており、メニューによってはかつお節と昆布の合わせだしを使用することがあります。
煮物には昆布だしを使用し、離乳食初期からも昆布だしで食材を煮て提供しています。
(※離乳食は、ご家庭で摂取した食材の提供を基本としています。)

 

 

※当園の「給食のこと」はこちらをご覧ください。

 

~お弁当作りのポイントは、「お・い・し・そ・う」 + 衛生管理~

「お」大きさピッタリ
お弁当は、子どもが確実に食べきれる量を入れましょう。

完食したときに、達成感を感じられます。

<弁当の大きさの目安>

1~2歳児 350ml

3~5歳児 400~450ml
 
「い」彩り良く
見た目が良いだけでなく、栄養バランスも良い弁当になります。
また、食欲もそそります。
メニューを考えるときには、入れた後の彩りを想像してみましょう。
 
「し」主食・主菜・副菜をそろえる
主食:主菜:副菜=3:1:2 の割合で詰めると、栄養バランスが良くなります。
食べ慣れているものを入れましょう!
 
「そ」それぞれの調理方法で
煮る・焼く・揚げる・炒めるなど、様々な調理方法を組み合わせると、味のバランスも良くなります。
 
「う」動かないように
子どもたちが持ち運んでも、中身が動かないように、すき間なく入れましょう。
 
<食材の大きさに注意:誤飲防止>
ミニトマト、ミートボール、うずらの卵、ぶどうなど、一口で入りやすい球形のものは、4等分するなど工夫しましょう。また、ピックやつまようじの使用も控えましょう。

 

4月の食育「いただきます、ごちそうさま!!」&行事食「甘茶」※5/2写真追加

ご入園、ご進級おめでとうございます

 

新年度が始まりました。子どもたちに「食べることは楽しいことだよ😊」と、日々の給食、おやつ、行事食、年長児においては、食育の日やクッキングから伝えていきたいと考えております。

 

また、当園の給食で使用している食材、調味料等は子どもたちの健康に配慮し、できる範囲ではありますが、こだわりを持って選んでいます。

今後の給食だよりにて少しずつ紹介して参りますので、目を通していただけると幸いです。

 

どうぞ、一年間よろしくお願いいたします。

 

今月の食育「いただきます、ごちそうさま!!」

食事の前後のあいさつはなぜするの?

読み聞かせを通し、命の尊さ、感謝の気持ちを知ることで、少し違った視点から食べることに興味を持ってくれるとうれしいです!

 

 

今月の行事食「甘茶」

4月8日はお釈迦様のお誕生日で、天の竜王が産湯代わりに「甘露の雨」と「花びら」を降らせたという言い伝えがあります。

お寺では『花祭り』と呼ばれるお祝い事を開き、周りを花で飾ったお釈迦様の像に甘茶をかけてお祝いします。

参拝者は、この甘茶を飲むことで息災延命を祈願します。

当園でも8日の3時のおやつに提供します。

 

 

4月14日は、認定こども園大塚の創立記念日です。
そのお祝いとして、14日の週にあたる16日の3時のおやつに「紅白まんじゅう」を提供します。
中のこしあんは、甘さを控えめにすべて手作りします。
あんこが苦手な子どもさんが多い中、みんなで食べるとパクパク食べてくれることも😊
みんなのこども園をお祝いします!!

 

<梅醤番茶について>

 

当園では月に1回、「梅醤番茶」を提供しています。

昔ながらのおばあちゃんの知恵である梅醤番茶は、昔から日本人が慣れ親しんできた梅干し、醤油(本醸造)、生姜、三年番茶の4つの材料で作ります。

風邪のひき始め、頭痛、腹痛、下痢、だるさなどの不調を身体に負担をかけずに改善してくれる飲み物です!

梅醤番茶の梅は、年長児がクッキングで作ったものを使用しています。

苦手な子も多いですが、おおつか3つの星のひとつである元気な子どもでいてほしい!そんな想いで提供しています。
※提供は、3歳児クラスからです

 

4月の誕生会メニュー

4月26日金曜日に4月のお誕生会が開催されました。

今月の特別メニューは…

 

  • 麦ごはん

    米・押し麦

     

  • ポークケチャップのチーズがけ

    豚肉・玉ねぎ・ケチャップ・しょうゆ・酒・きび砂糖・片栗粉・とろけるチーズ・乾燥パセリ

     

  • マカロニサラダ

    マカロニ・塩・きゅうり・玉ねぎ・人参・ツナ・マヨネーズ

     

  • 添え野菜

    レタス

     

  • たけのこのすまし汁

    たけのこ・人参・生しいたけ・乾燥わかめ・小ねぎ・しょうゆ・塩・煮干し・昆布

     

  • りんごゼリー

    りんごジュース・水・きび砂糖・アガー

     

  • ヤクルト

     

令和5年度 卒園記念品

令和5年度 卒園記念品

 

令和6年4月17日

 

 

卒園したゆり組さんより、卒園記念品として「ミモザの木」をいただきました。

今日、植樹をさせていただきました。

今は、小さな背丈ですが、みんなが二十歳になる頃にはどんな成長をみせてくれるか先生たちは楽しみです。

みんなと一緒にこのミモザの木も大きく育ってくれると思います。

 

子ども達に心地よい木陰をつくり、春には黄色い花をつけ、

こども園のみんなを優しく包んでくれることでしょう。

 

しなやかで優しい木になりますように

 

卒園児の皆さまありがとうございました。

 

園長 陳内里奈

職員一同

 

 

 

ご入園ご進級おめでとうございます

あいごころ入園式・進級式を執り行いました。

 

園庭の桜も、みんなを歓迎しているかのように満開に咲き誇りました。

新しく入園したお友だち、新しいクラスに進級したお友だち、みんな仲良く元気いっぱいに、

3つの星「元気な子ども・思いやりのある子ども・考える子ども」に育ってほしいと思います。

 

今年度も職員一同、子どもたちを優しく、温かく見守りながら、共に成長していきたいと思っております。

そして、発達の過程や状況をご家庭と共有しながら、園とご家庭とが相互理解を深め、寄り添っていきたいと思います。

 

1年間どうぞよろしくお願いいたします。

 

~入園進級式のようす~

~パネルシアター「すてきな帽子屋さん」~

~入園進級式のようす~

~ゆりぐみ~

ゆりぐみ

~さくらぐみ~

さくらぐみ

~すみれぐみ~

すみれぐみ

 

 

愛情たっぷり「あいごころ給食」をありがとうございました

3月22日(金)は、子どもたちのリクエストをきいた「あいごころ給食」の日でした。

 

大好きなメニューがバイキング形式で並び、大喜びの子どもたち。

お腹いっぱい食べて、心も体もたっぷり満たされたようです。

毎日毎日、栄養バランスに優れた子どもの食べやすい給食を提供してくれた給食の先生、本当にありがとうございました。

 

~メニュー~

・リクエストメニュー・フルーツ盛り合わせ

 

あいごころ給食 あいごころ給食

 

3月の食育「お箸マスターになろう」&行事食「ちらし寿司」「ひなあられ」「ぼたもち」※3/31写真追加

1年間、ありがとうございました!

 

今年度も残り1か月となりました。

4月当初は身体も小さく、食べる量も少なかった子どもたち。

この1年でグーンと大きく成長しました!

スプーンやフォークで上手にすくえるようになったり、苦手なものが食べられるようになったりと、

心も大きく成長したことと思います😊

 

私たちは保育室に入る機会がほとんどないため、子どもたちの方から「おいしいよ~♡」「今日の給食なぁに~?」

「あ!給食のせんせー!」「ばいばーい!」と、手を振り、声を掛けてくれる姿に、毎日笑顔が溢れました。

 

年長さんの保護者の皆様、ゆり組さんとはクッキングや食育で関わりの多い一年間でした。

卒園後、認定こども園での食育が頭の片隅に残ってくれていたら嬉しいです。

楽しい時間をありがとうございました。

 

 

今月の食育「お箸マスターになろう」

お箸を使って乾燥大豆をたくさんつかめるのは誰かな!?  

大豆10粒を一番早く移動させたお箸マスターを決める勝負の日です!

 

 

※2023/3/31写真追加

 

 

今月の行事食「ちらし寿司」「ひなあられ」「ぼたもち」

<ちらし寿司>

ひな祭りに欠かせない【ちらし寿司】。今では彩り豊かで華やかであってこそですが、昔は地味なお寿司でした。平安時代にひな祭りなどのお祝いの席で食べられていた、その名も『なれ寿司』は、魚にお米を詰めて発酵させた保存食だったそうです。江戸時代になると、具材をご飯に混ぜ込んで作る『ばら寿司』となり、現在の【ちらし寿司】へと変わっていきました。ひな祭りは女の子の成長をお祝いする行事、「華やかなものでなくては!」という子どもを想う親心から生まれた行事食なのかもしれませんね。

 

<ひなあられ>

カラフルでかわいらしい【ひなあられ】。白は「大地」、桃は「生命」、緑は「木々」とそれぞれの色はエネルギーを持っています。

ひなあられには、食べることでエネルギーを吸収し、健やかに成長できますようにという願いが込められています。

 

<ぼたもち>

春の彼岸にお供えしたり、食べたりします。おはぎとの違いは、形とあんこの種類です。【ぼたもち】は、牡丹の花に見立てられているため丸く大きく、こしあんで作ります。

おはぎは、萩の花に見立てられているため、小さな俵型に成形し、粒あんで作ります。当園では中に手作りのこしあんを少しだけ包み、きな粉をまぶした【ぼたもち】を24日に提供します。

 

 

Top