カテゴリー: お知らせ

10月の食育「咀嚼の大切さを知ろう!」&行事食「お月見団子」「栗ご飯」「ハロウィンデザート」

“トリック オア トリート”

 

 

今年も食欲の秋がやって来ました!!秋はおいしいものがたくさんあって困ってしまいます…。

今月は、今の時期ならではの食材を食べて欲しいという思いから、行事食を3回することにしました!

十五夜の「お月見団子」、秋の味覚「栗ご飯」、そして「ハロウィンデザート」です。

行事食は旬の食べ物を取り入れたものが多く、”身土不二”といった考え方があるように、その土地で獲れる旬の食べ物を食べることで、地産地消に繋がり、体にも良い影響を与えます。

これからも子どもたちが元気ですくすくと成長しますように、、、。

 

身土不二(しんどふじ)とは、私たちの体と私たちが暮らす土地は一体で、切っても切れない関係にあるという意味の言葉

 

 

今月の食育「咀嚼の大切さを知ろう!」

噛むことの大切さを知り、噛むことが体にどういう影響を与えるかを教えます。

 

 

 

 

今月の行事食「お月見団子」「栗ご飯」「ハロウィンデザート」

<お月見団子>

今年の十五夜は10月1日です。「中秋の名月」、「芋名月」とも言います。

穀物の収穫に感謝し、月と同じ丸い形にしたお団子をお供えし、いただくことで健康と幸せが得られると言われています。

 

<栗ご飯>

十五夜の後には十三夜があります。今年は10月29日がその日で、十五夜と同様、食物の収穫に感謝する日です。

こちらは、栗の収穫時期でもあるため「栗名月」とも言います。

お月見と言えば十五夜ですが、十三夜の少し欠けた月もまた美しいです。

ぜひ、どちらの月も眺めながら、お団子や旬の食べ物をいただいて下さいね!

 

<ハロウィンデザート>

10月31日のハロウィンはヨーロッパを起源とするお祭りで、上記と同じく秋の収穫をお祝いしたり、悪霊を追い出したりするためのイベントです。

ハロウィンに必ず登場するかぼちゃは、もともとカブをくり抜いたちょうちんだったものがアメリカでかぼちゃになったそうですよ。

今年は31日が土曜日のため前日の30日に提供します。お楽しみに!

 

 

 

<手作りドレッシングについて>

 

メニュー表に手作りドレッシングと記載してあるものは、こだわりの調味料を使用した、毎回使い切りの安心・安全ドレッシングです!!

材料は、こめサラダ油、酢、しょうゆ、きび砂糖、塩、(白ごま)のみです!

 

 

9月の誕生会メニュー

9月25日金曜日に9月のお誕生会が開催されました。

今月の特別メニューは…
  • ハンバーガー

    バターロール・合い挽きミンチ・玉ねぎ・パン粉・卵・塩・中濃ソース・ケチャップ・きゃべつ・にんじん・塩・マヨネーズ・酢・きび砂糖

    ※乳児さんは、パン・ハンバーグ・サラダに分けて、提供します。

     

  • フライドポテト

     

  • コーンスープ

    にんじん・玉ねぎ・クリームコーン・パセリ・牛乳・バター・ブイヨン・塩

     

  • ハイビスカスゼリー

    ローズヒップハイビスカスティー・水・きび砂糖・アガー

     

  • ヤクルト

 

9月の食育「朝ご飯を食べよう!」&行事食「おはぎ」

食欲の秋はもうすぐです!

 

9月22日は秋分の日、国民の祝日です。

昼と夜の長さがほぼ同じになる日を秋分の日とするため、毎年日付が変わるのをご存知でしたか?

この日を境に日照時間が減っていき、夏から秋へと季節が変わっていきます。

そんな秋分の日ですが、前後3日を入れた7日間は秋のお彼岸ですね。

毎年9月には行事食である「おはぎ」を提供しています。

おはぎを食べる意味は〈今月の行事食〉に記載しておりますが、実際に子どもたちに提供するのはきな粉をまぶしただけのおはぎです。

行事食に度々登場する小豆ですが、子どもたちは苦手な様子。

せめて意味合いだけでも・・・という思いで、行事食についての説明書きを幼児クラスに配布し、担任の先生に読んでもらっています!

 

 

今月の食育「朝ごはんを食べよう!」

朝ご飯はどうして食べないといけないの?その理由と早寝早起きの大切さについて教えます!

 

 

 

今月の行事食「おはぎ」

秋のお彼岸は「おはぎ」、春のお彼岸は「ぼたもち」と季節によって呼び名が変わります。

あんこに使われる小豆には、古くから悪いものを追い払う効果があるとされてきました。

秋は収穫の時期、春は種をまき、成長を願う季節です。

この時期に小豆を使ったおはぎを食べたり、ご先祖様にお供えをすることで、自然への感謝と深く結びついてきます。

当園では、きなこのおはぎを23日に3時のおやつで提供します!

 

 

 

高木兼寛 麦飯カレーの日

 

宮崎市高岡町の偉人、ビタミンの父と言われる『高木兼寛』は、「食事の改善によって脚気の予防にはじめて成功した人」です。

海軍軍医だった当時、カレー味のシチューに、炒めた小麦粉でとろみを付け、麦ごはんにかけた食事を提供し、難病とされていた脚気を予防することに成功しました。

後に、脚気の予防には、麦に多く含まれる「ビタミンB1」という栄養素が関係していたことが発見されました。

また、この食事が日本で食べられているカレーライスの始まりだと言われています。

その功績をたたえ、『高木兼寛』の誕生月である9月に、市内すべての小・中学校ならびに、保育施設において麦飯カレーの提供を行っております。


高木兼寛(たかきかねひろ)

医学博士 海軍軍医総監

1849年(嘉永2年)9月15日(旧暦)に高岡町穆佐(むかさ)に生まれる。

1920年(大正9年)4月13日没。

 

 

こだわりの食材~調味料編~

 

<こめサラダ油>

 

遺伝子組み換えをしていない国産の玄米から取れる米ぬかが原料です。

特徴としては、体内に入った脂質を酸化から守り、細胞の健康維持を助ける「ビタミンE」や悪玉コレステロールが体内に吸収されるのを阻害する「植物ステロール」などの天然栄養成分が植物油の中で最も多く含まれている点です!

スーパーやドラックストアでも見かけますね。

 

ほけんだより9月号

残暑は続きますが、朝夕の涼しい風に秋の気配を感じるようになりました。

元気いっぱい夏を過ごした子どもたち。

夏の疲れが出やすくなる時期なので、ゆっくり休んで、しっかりとご飯を食べて、体調を崩さないように気をつけましょう。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、県外への移動時の対応や感染対策など、保護者の方々のご協力に本当に感謝いたします。

 

 

 

 

8月の誕生会メニュー

8月28日金曜日に8月のお誕生会が開催されました。

今月の特別メニューは…
  • うなぎときゅうりの混ぜ寿司

    米・酢・塩・きび砂糖・白いりごま・大葉・にんじん・きゅうり・うなぎ(ちゅうりっぷ、ひまわりは鮭)

     

  • 松風焼き

    鶏ひき肉・長ねぎ・にんじん・卵・生パン粉・白みそ・きび砂糖・白いりごま

     

  • 添え野菜

    ミニトマト

     

  • かぼちゃとハムのサラダ

    かぼちゃ・玉ねぎ・ハム・マヨネーズ・塩こしょう

     

  • 冬瓜のすまし汁

    冬瓜・生しいたけ・にんじん・小ねぎ・しょうゆ・塩・煮干し・昆布

     

  • ぶどう

     

  • ヤクルト

今月の誕生会で提供する予定のウナギは大森淡水様のご好意により、保育所等を対象にいただいたものです。

ウナギには、疲労回復や身体の抵抗力を高める効果があるんですよ!

(1歳の子どもたちには小骨の心配があるため、代わりに鮭ときゅうりの混ぜ寿司を提供します。)

8月の食育「食中毒について知ろう!」&行事食「白玉団子」

夏野菜を毎日食べましょう!

 

セミの声が鳴り響く、真夏の8月がとうとうやって来ました!

その暑い中、太陽をいっぱい浴びて育つ夏野菜には水分が多く含まれており、またミネラルやビタミン類も豊富で、体温を下げたり身体のだるさや疲れをとってくれたりと理にかなった効果が期待されます!

ただえさえ汗っかきの子どもたちには、たくさん食べてもらいたいですね。

暑さで食欲も落ちがちな時期でも夏野菜なら食べやすかったりしませんか?

トマトキュウリはサラダで、オクラはさっと湯がいてしょうゆとかつお節で和えるだけなど、簡単一品料理でもメイン料理でも毎日の夕食に夏野菜をぜひ取り入れてみて下さい!!


今月の誕生会で提供する予定のウナギは大森淡水様のご好意により、保育所等を対象にいただいたものです。

ウナギには、疲労回復や身体の抵抗力を高める効果があるんですよ!お楽しみに!

(1歳の子どもたちには小骨の心配があるため、代わりに鮭ときゅうりの混ぜ寿司を提供します。)

 

 

今月の食育「食中毒について知ろう!」

食中毒とは何か、子どもでもわかりやすいように対策や予防についても教えます!

 

 

 

今月の行事食「白玉団子」

8月15日前後はお盆と言い、ご先祖様が現世に戻ってくる期間です。

その際、ご先祖様へお供えするものの一つとして白玉団子があります。

当園では、11日のおやつのフルーツポンチに白玉団子を入れて提供します。

 

こだわりの食材~調味料編~

 

<みそ>

給食のみそ汁で使うみそは、当園手作りのものを使用しています。
毎年9月に農学博士の濱田先生をお呼びし、年長児とその保護者で蒸した大豆をすりつぶすことから始めます。
材料は、国産大豆、麦麹、塩のみで余計なものは含まれておりません。
3~4カ月後から食べることができます。
お味噌づくりの様子>>>

 

7月の誕生会メニュー

7月31日金曜日に7月のお誕生会が開催されました。

今月の特別メニューは…
  • 枝豆と梅じゃこの混ぜごはん

    米・枝豆・ちりめんじゃこ・酒・塩・自家製梅・白いりごま

     

  • 卵衣のからあげ

    鶏もも肉・塩こしょう・しょうゆ・酒・おろしにんにく・おろししょうが・卵・片栗粉・こめサラダ油

     

  • 添え野菜

    サニーレタス・トマト

     

  • マカロニサラダ

    マカロニ・塩・玉ねぎ・にんじん・きゅうり・ハム・マヨネーズ・塩こしょう

     

  • 夏野菜のミネストローネ

    なす・パプリカ・ズッキーニ・玉ねぎ・ベーコン・カットトマト・ブイヨン・塩・きび砂糖

     

  • ヨーグルトムース~宮崎県産パイナップルソースがけ~

    プレーンヨーグルト・生クリーム・きび砂糖・宮崎県産パイナップル・片栗粉・パインジュース・粉糖・小麦粉・バター・粉チーズ

さくらんぼカフェ中止のお知らせ

しばらくの間、さくらんぼカフェはお休みします

 

新型コロナウイルス感染防止のため、しばらくの間、さくらんぼカフェはお休みします。

また、園庭開放も中止とさせていただきます。

再開の時期が決まりましたら、お知らせいたします。

 

ご利用を楽しみにして下さっていた皆様には大変申し訳ございませんが、

ご理解、ご協力をお願い致します。

 

 

こども園大塚では様々な活動を通して子育て支援を行っています。詳しくはこちら>>

 

ほけんだより8月号

毎日暑い日が続いています。暑いと体力が落ちて、食欲がわかなくなり、身体も疲れやすくなります。

暑さに負けない体づくりをするためにも、しっかりとご飯を食べて睡眠も十分にとるように心がけましょう。

新型コロナウイルスの感染増加が問題になっています。

人の移動に伴い感染拡大の余波が全国に広がってきています。

子供たちが安全に園生活が送れますように、今後も感染対策の徹底に努めていきたいと思います。

 

 

 

 

7月の食育「正しい姿勢で食べよう!」&行事食「七夕そうめん」

酸っぱいものを食べて元気になろう!!

 

毎日暑い中、お仕事・家事・育児お疲れ様です!!いつも元気いっぱいな子どもたち、大人と同様にいつもより疲れやすくなっていると思います。

食欲が落ちやすいこの時期はさっぱりしたものがおいしいですね!

今月の「トマトの甘酢漬け」「魚の南蛮」は、これからの暑い季節にぴったりなさっぱりメニューです!!

レシピを参考に、ぜひご家庭でも作ってみて下さいね!

 

今月の食育「正しい姿勢で食べよう!」

なぜ姿勢よく食べないといけないのか、その意味と正しい姿勢を教えます!

 

 

今月の行事食「七夕そうめん」

7月7日は「七夕」です。

彦星様と織姫様が天の川にかかるカササギの橋を渡り年に一度だけ会える日です。

七夕にそうめんを食べるのは、織姫様の糸になぞり食べられるようになったという説があります。

7日に提供する「七夕そうめん」には、昨年の年長さんが作った梅を刻んでトッピングします!

 

 

レシピご紹介

~トマトの甘酢漬け~

 

【材料】

・トマト 2個(中玉サイズ)

・玉ねぎのみじん切り 大さじ2~3

・パセリのみじん切り又は乾燥パセリ 適量

・砂糖 大さじ1 

・酢 大さじ1 

・塩 2つまみ  

 

【作り方】

  1. 玉ねぎのみじん切りはレンジ等で加熱し冷ましておく
  2. トマトは食べやすい大きさにカットする
  3. ボウルに1、2、パセリ、砂糖、酢、塩を入れ混ぜ合わせる
    ※調味料は味をみて加減してください

 

~魚の南蛮~(魚をとり肉に変えてもおいしいですよ)

 

【材料】

・魚の切り身 6枚   ・塩こしょう 少々

・片栗粉   適量   ・揚げ油

・玉ねぎ   1/2個  ・トマト   1個

・きゅうり  1本   (にんじん1/3本でも可)

(ピーマン1個でも可) ・しょうゆ  大さじ3

・砂糖 大さじ2    ・酢  大さじ4

・だし汁または水+顆粒だし 2/3カップ

 

【作り方】

  1. 玉ねぎ(にんじん、ピーマン)は細切りにし加熱する きゅうりは細切り、トマトは角切りにする
  2. 魚に塩こしょうをふり、片栗粉をまぶし、油で揚げる
  3. しょうゆ、砂糖、だし汁を合わせレンジ等で加熱し酢を加える
  4. 容器に魚と野菜を入れ、上から熱々の3をかける
    ※南蛮酢は味をみて加減してください

 

 

こだわりの食材~調味料編~

 

<丸島醤油>

小豆島にて昔ながらの製法でゆっくりと時間をかけて作られたお醤油です。材料は、丸大豆・小麦・塩・種麹のみで添加物は一切使われておりません。

こだわりと自信を持っている丸島醤油だからこそ、当園も安心して給食に使うことができます。

 

 

Top