~生きる力~

 

食の多様化が広がる中、生活習慣病や肥満、痩せ、キレる子どもなど、社会的なひずみも大きくなっています。

だからこそ、小児時代は基礎となる「食育」が大切だと考えています。

 

 

食育の日

毎月19日を食育の日とし、栄養教諭がミニ講座を食事の前に開きます。

「食べる力」=「生きる力」を身につけてほしいという思いから、食育の日に食を楽しむこと、食の重要性、食事のマナー、食の生産過程など子どもたちと一緒に学んでいきます。(毎月の「食育」のお知らせはこちら>>

 

 

 

おひさまガーデンでの栽培

園庭の隅に「おひさまガーデン」と名付けられた小さな畑があり、園長先生指導のもと季節の野菜やハーブを栽培しています。
自分たちで作物を育て、収穫し、友達と美味しく味わうことを通して「食べることは楽しい」と身近に感じることを目的としています。
また、野菜の旬を知ることもできます。

 

野菜丸かじり

自分で収穫したラディシュをそのままパクリ!採れたて新鮮がおいしさのひみつ。

「野菜ってあまいんだね」と気づくごちそうです。

 

 

クッキング保育

主に年長児を対象に毎月クッキング保育を行っています。
クッキング保育を通し、つくる楽しみや食べる喜びを味わい、命の元である「食材」や食べることに興味を持ちその大切さを知り、作ってくれる方への感謝の心を養うことを目的としています。

 

いろんなお料理に挑戦。料理に携わると親しみがわき、やりとげた達成感がこどもたちを成長させていきます。

 

 

食文化の伝承(お茶・梅干し・みそ)

保護者の方や地域の教えを借りながら、昔から受け継がれる日本食文化の大切さに気づき、楽しく「食」についての知識を深め、関心を高めることを目的としています。

お茶

キラキラに光る若い葉を丁寧に摘む小さな手。「この葉っぱ、やわらかい」「春のにおいがする」なりたての年長さんが心をこめて作ってくれます。
「お茶摘み」の様子はこちら>>    「お茶会」の様子はこちら>>

梅干し

揉んだシソに梅酢をいれると…「みて 手のひらが真っ赤だよ」「すごい!ふしぎ」子どもたちの好奇心をくすぐります。
今年の「梅つけ」の様子はこちら>>

みそ

蒸した大豆をすりこぎ棒でつぶす・混ぜる・丸めるなどさまざまな作業を子どもたちが行います。

手を加え時間をかけることで、体によいものに変わっていく。先人の知恵です。

今年の「お味噌つくり」の様子はこちら>>

 

 

Top