カテゴリー: 製作活動

“おばけやしきごっこ” ゆりぐみ(年長児クラス)

ゆり組さんは、「黒オバケ白オバケのみつけて絵本~カガミの国へようこそ!~」の絵本が大好きです。

お昼寝前には、怖いお話をしてほしいと先生の素話を楽しみにしている子どもたちです。

 

こどもたちから「おばけをつくってみたい!」とイメージが広がり、おばけ製作が始まりました。

画用紙、絵の具、廃材、カラーテープ、すずらんテープなど素材や道具を使って、自分のイメージを膨らませてダイナミックに作り、お友だち同士でアイデアを出し合いながら、ユニークな作品が出来ました。

 

おばけのイメージから、年中、年少組のお友だちを招いて『おばけやしきごっこをしよう』となり、

おばけ役の年長児は、ドキドキわくわく!!

 

「ここから出てきたら怖いよね」「おばけさんて、どんな声かなぁ」と

自分の想像するおばけをのびのびと表現していました。

 

降園の時に、つくった衣装を嬉しそうにつけてかえるお友だち、

ご家庭で持って帰った衣装をつけて、おうちの人を驚かしたお友だち、

お母さんに「おばけをみて泣いてくれたんだよ」とお話ししてくれたお友だち、

「こわくなくて楽しかった。また、したいね!」と沢山お話してくれました。

ちょっぴり怖い、楽しい思い出となりました。

ありがとうの気持ちを伝える、「いつもありがとうの日」

 

今日は「いつもありがとう」の気持ちを伝える日。

 

子どもたちがそれぞれに感じている大好きな人への想いを大切にしながら、

子どもたち自身が感謝の気持ちを感じられるように心を込めてプレゼントを作りました。

 

 

作品“ありがとうの気持ちを込めて手形&足型アート”ちゅうりっぷぐみ(0歳児クラス)

 

赤ちゃんの一生の思い出に。

愛らしい手や小さな足の形を記念として残しました。

優しくて温かいプレゼントになりました。

 

作品 “とけい” ゆりぐみ(年長児クラス)

 

6月10日は “時の記念日” です。

時の記念日があることを知った子どもたちは、時計に興味が湧いてきた様子です。

 

「時間を大切にすること」

時間の大切さについて一緒に考える機会となりました。

 

「時間を守ることの大切さ」

時間を守らないことで、自分も困るし、他の人も困るのだということをお話しました。

 

時間の大切さは誰もが感じていると思いますが、1日1日を大切にしていくこと、時間を無駄にしないことは、自分が人生で自由に使える時間を増やすことにつながります。

時間を大切にすることでより豊かで幸福な人生を送れるようになると思います。

時間を大切にしましょう。

 

Top